本当にメイクをつかってニキビを隠せるの?

メイクをすることで、肌の傷跡はかなり目立たなくすることができます。

根本から改善する為にはとても時間がかかる為に、一時的ではありますが、目立った傷跡はコンシーラーで隠すことができます。

顔の傷跡はとても気になりますよね。

一番簡単で時間がかからない方法がメイクで傷跡を隠す方法なのです。

ファンデーションを付ける前に、コンシーラーで傷跡を消しましょう。

この時の注意ですが、擦るように付けるとなかなか自然に隠すことができませんので、コンシーラーは一旦指につけて傷跡にたたきこむように付けると自然に肌色と馴染んでいきます。

そしてファンデーションを上からつけて完成です。

傷跡の深さにもよりますが、ニキビ跡も肌がでこぼこになるクレーターのような状態の場合があります。

この際も同様にコンシーラーででこぼこを埋める事で、肌の表面がなめらかに見える効果があります。

コンシーラーを使うときの注意ですが、メイクを落とすときにクレジングで綺麗にする事が必要です。

コンシーラーはカバー力がとても高い反面、肌に負担となりますので肌に洗い残しがないように綺麗に洗顔をしましょう。

まずふき取り化粧水で綺麗にふき取ってから、クレンジングでメイクを落とします。

この時あまり肌をこすらないでください。

肌に刺激を与えてしまうと、メラニン色素が活発になり色素沈着する原因となります。

傷跡は綺麗に治す為にはデリケートにケアしないといけませんので、ご注意くださいね。


超おすすめ!傷跡隠し専用のコンシーラー


傷跡をケアする為には、市販で色々なグッズが販売されていますので、自分の肌の状態に合わせて選んでみましょう。

たくさんあるなかでもとても簡単に使えるグッツには、傷跡専用のコンシーラーがあります。

肌や皮膚の傷跡を目立たなくするものですが、メイクで使うコンシーラーと同じ使い方です。

「カクシーラー」という人気の商品がありますが、「カクシーラー」は手術のときの傷跡やでこぼこになったニキビ後、妊娠線、火傷跡にも効果があります。

傷跡の深さにもよりますが、メイクの下地で使うと、自然な仕上がりになり傷跡が目立たなくなります。

どうしても急に傷跡を隠したいときにはとても便利に使えますよ。

メイク用のコンシーラーはシミやそばかすなどを隠すカバー力はありますが、傷のように深さがあるものはなかなか綺麗に隠すことが出来ません。

その為、傷跡専用のコンシーラーを使うことで、綺麗な表面になり、見た目でも自然に仕上がります。

傷跡やタトゥーまでも隠すことができるカクシーラーですが、カバー力は通常のコンシーラーの450%以上も良いことでとても人気になっています。

コンシーラー粒子がとても細かい為に、肌の表面に入り込み、とても自然に消すことができます。

プロのメイクさんたちも使うほど、その効果は高く評価されていますので、どうしても気になる箇所を隠したいときにはぜひ挑戦してくださいね。

メイクのコンシーラーよりも崩れず、長く長時間保つこともメリットです。