傷跡を消すための専用のお薬

傷を消毒する薬は一般的に使われていますが、傷跡になってしまったものを消す為には、どんなものを使ったらよいのでしょうか。

人気のある傷跡専用の薬には「アットノン」と呼ばれる塗り薬があります。

この塗り薬は透明のジェルタイプなっていますが、気になる傷跡に塗るだけで、目立たなくする効果があるものです。

ジェルの働きで、血流を改善する為に、皮膚の新陳代謝を活発にして新しい細胞の再生をする事ができます。

小さなものでも、傷跡が残っているととても気になりますよね。

傷ができた時は治すことに集中しがちですが、残ってしまった傷跡もケアをすることで綺麗に治すことができるのです。

「アットノン」はとても人気のある商品ですが、傷跡をケアするだけでなく、乾燥を防ぐ効果もある為に、子供から大人まで使えるジェルとしてとても話題になっています。

特に冬の手荒れ、がさがさになって大変ですよね。 そんなひどい肌荒れもこのジェルで治すことが出来ます。

保湿成分が豊富に配合されていることや、肌にすっと浸透する点など、傷跡が気になる女性をはじめとても人気となっている商品です。

「アットノン」は傷跡以外には、筋肉痛にも効果がある為に、それぞれの目的に合わせて使うことが出来ます。

香りもそれほど気になりませんので、顔の傷跡にも安心して使えます。

色々なクリームやスキンケア商品が販売されていますが、傷跡改善に特化したものを使うことがとても効果的な改善方法ですね。


傷の回復が早い食べ物について


毎日の食生活は、健康の為にはもちろんですが、美容効果のためにも栄養のバランスをとることが必要になります。

肌を怪我した時に傷跡にならないように、肌の再生を早める効果のある食べ物があります。

傷跡を残さない為にも、肌に必要な栄養を心がけてとるようにしましょう。

肌の傷は再生に1週間ほど時間がかかります。

しかし傷を早く治す効果の食べ物を食べる事で、5日前後で綺麗に回復させることができます。

まずお薦めなのが亜鉛です。

亜鉛を多く含んだ食べ物には牡蠣、ごま、豚レバー、あさりなどがあります。

亜鉛には皮膚の細胞の再生を活発にする働きがあり、皮膚のケラチン組織を作る為、丈夫で健康な肌を保つことができ、傷の回復を早める効果もあります。

この亜鉛ですが、そのまま取るよりもクエン酸と一緒に摂る事でさらに効果がアップします。

クエン酸の多い食べ物にはレモンやキウイフルーツ、パイナップルなどがあります。

亜鉛と一緒に摂るように工夫しましょう。

そして傷の回復に欠かせないのがビタミンB群です。

特にビタミンB2,B6,B12などは皮膚や粘膜が炎症を起こしている時に回復効果があり、肌を健康な状態に戻す効果があります。

ほかのビタミン類も肌のためには重要になりますので、日頃不足しがちな野菜や果物も傷跡改善の為には多く摂るように心がけてください。

食事は偏った栄養を摂り続けると、健康を害するだけでなく、肌のトラブルの原因にもなりますのでご注意くださいね。